TOPに戻る

DML30HSJ キハ183系500番台

提供者 MB様, 栃木総合車両所様

2021年現在も、北海道で活躍している北国のディーゼル特急の定番であるキハ183系500番台です。新車だった1988年頃に録音したカセットテープの音源を元に、2021年現在最新の復元・編集ソフトを駆使し、今では聞けない当時の原型エンジンサウンドを蘇らせました。

オープンサウンドデータのDML30HSIキハ183-0番台と混結可能です。なお、モータの種類やギア、台車に違いがある場合は別途確認・調整をお願いいたします。

※本データはLokSound5シリーズ専用です。LokSound V4以前はサポート対象外となります。

Tomix等のNゲージや、Tomix製のプラ 1/80スケール車両に好適です。

初期アドレス: 3(ショートアドレス)

ファンクション割り当て:
F1:ドライブサウンドON F2:警笛
F3:室内灯AUX1 F4:ATS・ATS確認
F5:非常制動 F6:力行保ち
F7:音量調整 F8:レール継ぎ目音
F9: 機関機能試験 F10: フランジ音
F11:ドア開閉 手笛・ベル省略 F12:ドア開閉 発車ベル1あり
F13:ドア開閉 発車ベル2あり F14:変直切替
F15:乗換SWモード F16:機関予熱
F17:発車案内 F18:扉開閉 長万部
F19:扉開閉 千歳空港 F20:扉開閉 東室蘭

サウンドデータファイル(ESU LokSound 5シリーズ専用):
DOWNLOAD (25MB, rev.2.11, 2021年8月27日更新)

TOPに戻る
Go to top.