TOPに戻る

京阪5000系 TDK-8120-A

提供者 MB3110A様/協力 うえだねじろう様

京阪5000系は1970年に製造された5扉車で、京阪初の電気指令式発電併用ブレーキ装置HRD-1Dを採用されており,最高速度110km/hで運転されます。 東洋電機製TDK-8120Aモーターの奏でる走行音は高音が効いた感じがあり、このプログラムでも再現しました。

※本データはLokSound5シリーズ専用です。LokSound V4以前はサポート対象外となります。

鉄コレ、マイクロエース等のNゲージや、カツミの1/80スケール車両に好適です。

初期アドレス: 3(ショートアドレス)

ファンクション割り当て:
F1:ドライブサウンドON F2:警笛
F3:- F4:-
F5:非常ブレーキ F6:力行保ち/抑速(*1)
F7:音量調整 F8:レール継ぎ目音
F9: - F10: フランジ音
F11:手笛/ベル省略(*2) F12:開扉→手笛→閉扉
F13:開扉→発車案内→閉扉 F14:開扉→ベル→閉扉
F15:CP強制起動 F16:電制切
F17:フラット F18:-
F19:空気ばね F20:ブレーキスキール音 OFF

*1 惰行中に F6 を ON してからスロットルを上げると力行保ち、スロットルを下げると抑速ブレーキになります
*2 ドア開閉音操作の時に手笛を省略する為に使います。

サウンドデータファイル(ESU LokSound 5シリーズ専用):
DOWNLOAD (15MB, ver1.0, 2022年1月10日更新)

TOPに戻る

Go to top.