TOPに戻る

長野電鉄2000系

提供者 MB3110A様, うえだねじろう様, KC田之上様, Yaasan

1957年当時、狭軌用WN駆動モーターの開発にあたって、狭いスペースに収まるように試行錯誤を重ねて量産化された三菱製WN駆動モーターMB3032-A形走行音を再現しました。 日本初の75kw級WN駆動車で、山岳線区ということもあり最新式の抑速付きHSC-Dブレーキ装置を装備するなど当時の地方私鉄としては最先端の技術をいち早く取り入れた記念すべき車両です。 音源として1990年頃収録のものを多数使用しております。

参考までに同型モーター使用の小田急2200系、秩父鉄道300系、伊予鉄道700系(京王5000系改造車)があります。

※本データはLokSound5シリーズ専用です。LokSound V4以前はサポート対象外となります。

初期アドレス: 3(ショートアドレス)

ファンクション割り当て:
F1:ドライブサウンドON F2:警笛
F3:AUX1 室内灯 F4: -
F5:非常ブレーキ F6:力行保ち/抑速
F7:音量調整 F8:レール継ぎ目音
F9: - F10: フランジ音(走行中)
F11:手笛/ベル省略 F12:ドア開閉 手笛
F13:ドア開閉 発車ベル F14: -
F15:CP強制起動 F16:電制切
F17:ブレーキ試験 F18:フラット
F19:元ダメ減耗タイマー F20:-
F21:車内放送1 F22:車内放送2
F23:車内放送3 F24:-

サウンドデータファイル(ESU LokSound 5シリーズ専用):
DOWNLOAD (14MB, ver.2.01, 2020年11月11日更新)


TOPに戻る

Go to top.